スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人命救助・・・とまでは行かないが助け合いの心

本日職業訓練の帰りのJRで、中~高校生の女の子のグループが某駅に降りました。
一人がエチケット袋の様な袋を装備しており、どうやら具合が悪くなり途中下車した模様。
同じ車両に乗ってた様ですが、ざわざわとした声もなかったので、エチケット袋ではなくハンカチか何かの見間違いかな?と思いました。
彼女達が降りた次の駅で私は降りたのですが、その際すれ違った少し派手なカントリー調の女性2人組が「気分が悪いならもっと大きな声で言ってくれないとわかんないよね」と、どうやら先ほどのグループの子達の話をしてるようでした。

…なるほど。
私の勝手な推測ですが、あの子達は恥ずかしさからか、どうして良いか分からない不安からか、気分の悪くなった子を介抱してたものの周囲に気付かれないような小声だったみたいです。
で、某駅に降りる際にエチケット袋を持った子を先頭にしてゾロゾロッと下車した、と。
そりゃ周りも気付かないし、ざわざわ声もしない訳だ。
おまけにそんな様子を始めてみてギョッとする人の方が多かっただろう。
その子が末期状態に気分が悪かったら、最悪突然嘔吐して車内は混乱してただろう。
嘔吐で済めば良いが、心臓発作持ちだったりしたら一体どうなってただろう?
う~ん、女性2人組の言うとおりだな~と思いました。

確かに気分が悪いときは恥ずかしいし、何よりテンパってるので放っておいて欲しい。
でもそれに気付いて心配してくれた人には、ちゃんと声を出して「大丈夫です。心配してくれてありがとう」とでも言えれば、具合の悪い本人も声をかけた人もひとまず落ち着くと思う。
これはシルバーシートの譲り合いにも言える事だけど、手を差し伸べた人の手を自分の見栄で振り払うのは失礼だと思う。
出来るだけ手を取り合って欲しい。どんな場合でも。

ちなみに私は差し伸べた手を振り払った事があり(次の駅で降りるからシートに座らなくても平気ですと言った)、その後凄く後悔しました。
そういう場合は素直に応じておこう、応じないなら手を差し伸べた事に感謝を表そう、そう思いました。
手を取り合うことできっと優しさは伝わると信じてます。
スポンサーサイト

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。